サーフィン専門誌“雑誌 サーフィンライフ”が配信するオンライン サーフマガジン
Home サーフィンライフ 最新号 波 情報 最新ニュース サーフブランド カタログ サーフショップ ガイド
  Home >> オンザボード  









ON THE BOARD
10月号

2014年8月30日発売
定価 1,296+税


 


動画

DVD 連動企画
FOUR 4DAYS IN CHIBA
テイラー・ジェンセン、鈴木剛、畑雄二、森大騎の4人のトッププロが、千葉の波で披露したテクニックを解説


CONTENTS

PDFで見れます→こちら






SPECIAL FEATURE
ANDY DAVIS


カリフォルニアのサーフカルチャーを代表するソウル アーティスト、アンディー・デイヒ?ス。90年代半ばにデビューして以来、その作風は世界中のサーファーに多大な影響を与え、唯一無二のスタイルを確立している。







PHOTO GRAVURE
古き良きカリフォルニアを求めて


LAから南へクルマで1時間弱。オレンジカウンティを経て、ちょうどサンディエゴに差し掛かる場所にサンオノフレはある。ここて?はレイデバックした雰囲気 を楽しみ、ゆっくりと一日を過ごすのがいい。オールドタイマー達が愛する理由はここに来ればわかるはずだ。今も昔も、そしてこれからも......。





サーフシティの真夏の祭典!
ウィナーはジャスティン・クインタル
DUCT TAPE INVITATIONAL in Vans US Open of Surfing


世界最大のビーチフェスティバル、『USオープン』が開催された。その一環として行われる『ダクトテープ・インビテーショナル』は、ジョエル・チューダーがオーガナイズするピュアなサーフコンテスト。ポイントじゃなく、魅せて、楽しんだものがイチバンなイベントの結果はいかに?





CRAFTMAN
ボードシェイパー スティーブ・べイニー

1960年代からタンデム・サーフィンのチャンピオンとしても第一線で活躍してきたスティーブ・ベイニー。自ら立ち上げたレーベル「インフィニティ」は44年にわたり南カリフォルニアのサーフシーンをリードし続けてきた。シェイプ歴は55年。そのクラフツマンとしての情熱と腕は、衰えるどころかますます冴え渡る。





ART
ハリー・ホリディの世界


サーフィングが大好きで、アートに没頭する日々を送っていたハリー少年。ある日親友のアンディー・デイビスに誘われて、故郷サンディエゴを出る。「サーフ大国」でのサーファーたちのライフスタイル。すばらしい波。画風が変わり、さまざまなメディア、メーカーやイベントのポスターやグラフィックデザインを使用される活躍。オーストラリアに渡って5年後、祖国に凱旋帰国したハリー・ホリディを照らした希望の光とは……。





A Day in The Life with David & Nathan
木下デヴィッドXネイザン・オールドフィールド クロストーク


90年代から現在まで、日本のプロロングボード・シーンを長きに渡って牽引してきた木下デヴィッド。そして去る9月に初来日を果たしたオーストラリアのインディペンデント・フィルマーのネイザン・オールドフィールド。デヴィッドは千葉、ネイザンはバイロンベイ郊外と共に自然豊かな地域で生活をし、サーフィンと上手く付き合うライフスタイルを送っている。この取材日は平日ということもあり、週末はサーファーたちで賑わう千葉のビーチもリラックスモード。意外にも今回が初対面だというこの2人。朝一のサーフセッションを終え、今の日豪のロングボードを中心とするサーフシーン、そして自身のライフスタイルについて聞いてみた。





TECHw/STYLES
プロに学ぶスタイリッシュなテクニック編
ロングボーディング上達へのヒント


今号DVD付録の連動企画として、テイラー・ジェンセン、鈴木剛、畑雄二、森大騎の4人のトッププロが、千葉の波で披露したテクニックを本人達からのアドバイスを交えて解説する。ロングボードで技をスタイリッシュにメイクするためのポイント、アプローチ、そしてコツについて聞いてみた。




And More!


>>オンザボードのバックナンバーはこちら


  サーフィンライフ オンライン  

マリン企画 お問い合わせ著作権・免責事項プライバシーポリシーサイトマップ copyright (c) Marine Planning Co., Ltd. All Rights Reserved.