サーフィン専門誌“雑誌 サーフィンライフ”が配信するオンライン サーフマガジン
Home 最新ビデオ 最新ニュース サーフブランド カタログ サーフショップ ガイド サーフィンライフ 最新号
  Home >> サーフィンライフ・グライド  


サーフィン関連書籍のお知らせ





オールドスクールのサーフスタイルマガジン
『glide 2011 Mid Summer No.13』

2011年9月17日発売
総ページ数168頁
定価 1,143円+税


* GLIDEとは「滑走/滑空」の意。
攻撃的なサーフィンを卒業した大人のサーファーは、大海原で自然と対峙するよう波を滑りたい、そして、山あり谷ありの人生も、波乗りのある生活で駆け抜けていきたい、という想いが込められています。



Gallery
YOUNG,LOUD AND SHAMELESS
THE EITIES AT ECHO BEACH
80年代のサーフカルチャーの発信地、エコービーチ。
青くさくてビビッドな100ヤードの夏。

ザ・サーフシティ、ハンティントンビーチに隣接するカリフォルニア・ニューポートビーチ。均一に投じられたジェティ間のビーチのなかでも、52〜56THストリートにかけてはエコービーチと呼ばれる特別な場所だった。鮮烈なグラフィックのサーフボードやトランクスでサーフするローカルたち。そこにはダニー・クウォックら中心人物に混じってショーン・ステューシーやボブ・ハーレー、若きリッチー・コリンズの姿もあった。80年代サーフムーブメントの一端、エコービーチのヴァイブレーションを感じていただきたい。





SPECIAL
wheels
automobile, motorcycle, skateboards
ウィール大特集

ビーチへのトランスポーターであり、サーフィンを陸で感じるパートナーでもあるウィールたちは、僕らのライフスタイルに欠かせない存在。そこで、クルマとバイクに愚直なまでに情熱を注ぐサーファーたちと、スケートボードとサーフィンの関係性をクローズアップ。彼らの個性的なアプローチや知られざるスケートボードの歴史にインスパイアされるはず。




MOTORCYCLE X SCOTTY STOPNIK
スコッティ・ストップニックとバイクの関係





MOTORCYCLE MOTORCYCLE X ENOSHI
榎本高士とバイクの関係





AUTOMOBILE X TYLER HATZIKIAN
タイラー・ハジーキアンとクルマの関係




SKATEBOARDING X SURFING
スケートボードとサーフィンの関係




こだわりの“WHEELS”を教えてください。






FEATURE
SPAIN
バスクカントリー・気品のヨーロピアンコースト

おそらくは波乗りをしない人のほうが渡航しているであろうヨーロッパ。仲間とカジュアルにいけるメジャーなところのほうが無難なのは確か。でも、なんでもっと早く行かなかったんだろうと渡航して実感。スペイン北部・バスク地方のサーフタウン、サン・セバスティアン。ライフスタイルと食文化が幸せにしてくれる場所。





FEATURE
WHO ARE BROTHER MARSHALL
ブラザーズ・マーシャルって誰よ?


マリブにサーフィンがめちゃくちゃうまいゲイの兄弟がいるとか、いないとか。しかも、あのジャック・マッコイの近作ムービーでも取り上げられているという。シーンを賑わす破天荒な兄弟、ブラザーズ・マーシャルの正体を暴く。





FEATURE
Talking with GORDONCLARK
ゴードン・クラークが語る、
クラークフォーム創成期のサーフボード物語

無類のインタビュー嫌いとして知られるクラークフォームの創始者、グラビーことゴードン・クラーク。2005年のクラーク・ショック以降、サーフインダストリーからさらに影を潜めた感のある氏だが、旧知の仲であるディビ・フレッチャーがフォーム創成期のサーフボードシーンについて聞きたいとの申し入れを受諾。貴重な話が収録できたので紹介したい。




REGULAR

PEOPLE
glide people12人に聞く、こだわりの“WHEELS”を教えてください。

ボード、ライディングのスタイルなど、サーファーならサーファーそれぞれの"こだわり"に気付くはず。そんな種族だからこそ、"乗り物"に滲み出るそれぞれの"思い入れ"も感じ取れるはず。今号はみんなのWHEELS特集です♪


Alternative Board Lesson
オルタナティブボードを乗りこなす!
第13回ミニシモンズ編


2枚のバルサフィンが付いて、丸くて短くてオバQのようなアウトライン。従来の一般的なサーフボードにしか乗ったことのない人からみれば、"?"って、疑問符がつきそうな板は、実は、科学的な理論によって裏付けされたサーフボードの理想型といえるものだ。科学的な理論とは、1940年代に生まれたボブ・シモンズの「ハイドロダイナミック・プレーニング・ハル理論」。単純に言えば、丸い方が理にかなっているということ。この理論を応用した"ミニ・シモンズ型"のサーフボードが、今とてもHOTな展開を見せている。






  サーフィンライフ オンライン  

マリン企画 お問い合わせ著作権・免責事項プライバシーポリシーサイトマップ copyright (c) Marine Planning Co., Ltd. All Rights Reserved.