サーフィン専門誌“雑誌 サーフィンライフ”が配信するオンライン サーフマガジン
Home サーフィンライフ 最新号 最新ニュース サーフブランド カタログ サーフショップ ガイド
  Home >> サーフィンライフ  








SURFIN'LIFE
2月号

2015年1月10日発売
定価 1,222円+税


 



動画

DVD BONUS!
『ロコ・ロコ』
マルゾやチッパ、メオラなどの近未来的マニューバーに目が点!
サーファーであるなら絶対に観ておきたい、斬新すぎる作品。

 

CONTENTS

PDFで見れます→こちら






完全保存版
Q&A 100
有識者が答えるサーフィン知恵袋


知っているようでいて、実は知らないことも多いサーフィンについての知識。基本のキから、いまさら聞けない疑問、そして深い事柄までをその道のプロたち がお答えします。完全保存版の『サーフィンQ&A』100連発!! 2015年も素晴らしいサーフィンライフを送れるように、まずは年初めに予習復習をしておきましょう。





Typhoon Moments
LAST EPISODE
記録的バンクに届いたグランドスウェル
四国リバーマウス・レイトシーズン


いまや日本を超えて世界にその名を馳せる四国のリバーマウス・ブレイク。8月に見舞われた豪雨により、いくつもの川に激流が走り、いずれの河口も近年稀にみるサンドバーが整っていた。しかし、その地形にふさわしい台風からのスウェルはしばらくの間、届くことはなかった。このままシーズンは終わってしまうのか。そう思われた11月の初旬、ついに待望のグランドスウェルがサンドバーで炸裂した。





HOW TO テクニック解説のパイオニア
ドジ井坂先生のSURFING SCHOOL

TEACHER   リラックスして骨に乗る動作感覚でサーフィンが変わる
LESSON 1   パーコのテイクオフ後のターンの動作を想像してみると
LESSON 2   踏ん張った時の失敗と骨に乗る柔らかい動作感覚の違い
LESSON 3   身体の動きを筋肉ではなく骨で感じるバランススティックのトレーニング






マカロニのパーフェクションで個性を表現。
VANGUARD
前衛派たちが描いた洗練のマニューバー

エアーのスタンダードを引き上げるアバンギャルド、ディオン・アジアス。緩急のあるマニューバーでサーフィンの美しさを表現するクレイグ・アンダーソン。いまやもっともヒップなフリーサーファーとして知られる2人が、少年時代にヒーローだったオジー・ロングとともに旅に出た。グーフィーフッターの3人が目指した先はメンタワイのマカロニ。世代を超えてお互いにインスパイアしあいながら、完璧すぎるキャンバスにそれぞれの個性を描いた。





ANOTHER TRY
「もう一度優勝したい」
プライドとの葛藤を乗り越えた小川直久


1995年のJPSAグランドチャンプを獲得後、WCTとWQSの2リーグ制に変わったばかりのASPでクオリファイに挑戦し続けたリアルアスリート、小川直久。プロフェッショナルとしていまなお現役で活動を続ける42歳の彼が、JPSAでもう一度栄光をつかむためにコーチングの本場、オーストラリアに向かった。






PEOPLE WHO SURF
連載第13回 前田マヒナ [プロサーファー]

生まれる前から知っている。海のリズムで生きている。そんな彼女の見る夢は、サーフィンの世界のナンバーワン。戦い抜いて勝ち上がる。大きな波を乗りこなす。楽しみながら強く育む、前田マヒナのアロハの心。






2014 VANS TRIPLECROWN OF SURFING
戦いを制した勇者に受け継がれる燦然たる栄冠

世界中のプロフェッショナルがハワイに集結し、ナンバーワンサーファーを決める『トリプルクラウン』。30年以上の歴史を誇るこの祭典が、この冬もノースショアで開催。ジュリアン・ウィルソンが来年のWCTクオリファイとともに、見事その名誉を手に入れた。






地元がいちばん!
HOMETOWN SOCIETY
第22回 仙台 [仙台新港](宮城県)

東日本大震災から今年で4年。ビーチブレイクで6ftクラスの波をホールドする仙台新港ポイントも大被害を受け、しばらくの間サーフィンをすることなど考えられない状況が続いた。しかしローカルサーファーたちが力を合わせて様々な苦難を乗り越え、行政や住民に理解を得て、仙台新港ポイントが見事に復活を遂げた。被災地の復興はまだまだこれからだが、サーファーが戻って来た日本屈指の三角波の仙台新港の笑顔溢れる今をお届けしたい。



And More!



NEXT ISSUE
次号予告


加速するにはわけがある!
スピードを出すための法則

上手いサーファーはどうやってスピードを出しているのか。
波の利用する場所から体の動かし方までを徹底的に分析します。

さまざまなドラマがこの冬も生まれた。
2014-2015 HAWAII

サーファーにとって永遠のステージともいうべき冬のハワイ。
7マイルの海岸線で、はたして何が起こったのか?

PDFで見れます→こちら









  サーフィンライフ オンライン  

マリン企画 お問い合わせ著作権・免責事項プライバシーポリシーサイトマップ copyright (c) Marine Planning Co., Ltd. All Rights Reserved.