サーフィン専門誌“雑誌 サーフィンライフ”が配信するオンライン サーフマガジン
Home サーフィンライフ 最新号 最新ニュース サーフブランド カタログ サーフショップ ガイド
  Home >> サーフィンライフ  








SURFIN'LIFE
7月号

2015年6月10日発売
定価 1,222円+税


 


動画

DVD BONUS!
『アイ・オー・エヌ・ザ・バレル』

ハワイ、インドネシア、タヒチ、メキシコ、オーストラリア……
極上のグリーンルームに高揚する男たちのドキュメンタリー

 

CONTENTS

PDFで見れます→こちら






BEACH
サーフィンの原点、それは熱い砂浜。

白い砂浜と青い海、そして僕たちを迎え入れてくれる良質なブレイクがあれば、もう何も言うことはない。ジリジリと焼けるようなビーチで、あとは思い思いのラインを描くだけ。サーファーたちがストークするハイシーズン。その高揚感をひと足早くお届けします。





PHOTO FEATURE
ビーチブレイク・夏の高揚


降り注ぐ熱い日差しに照らされる極上のビーチブレイク。サーファーたちの高鳴る鼓動。熱い砂浜を走り抜け、入水した瞬間のあの気持ち良さは言葉にならない。サーファーにとって待ちに待った季節がやってくる。もう夏が待ちきれない。






SESSION
世界ランクの透明度に感動!
初夏の伊豆・ひと足早いビーチ物語

美しい海でサーフィンをしている時ほど、心躍る瞬間はない。澄んだ海に身を任せ、ただひたすらいい波を待つ。
太陽の光とともに素晴らしいセットが向かってくるのが見えたら、今日は間違いなく最高の一日だ。そんな喜びを求めて、日本の楽園、伊豆へと向かった。





HINTS
夏対策・知っておくべき6つの裏ワザ

もうすぐ夏! 暑い日差し、ボードショーツでサーフ、海上がりの冷たいビールなどなど、考えただけでも気分が高まる、そんな季節がやってくる。でも、夏ならではのネガティブ要素があるのも事実。夏をもっと楽しむために、有識者たちに夏対策について伝授してもらった。





BIG ISLAND
いにしえのハワイが息づく波乗り島。

オアフ島に比べてあまり馴染みのないハワイ諸島の一翼、ビッグアイランド。異次元のエクストリーム・アプローチを示すシェイン・ドリアンのホームであるこの島は、実は古代ハワイサーフィン史の中でもっとも歴史ある由緒正しき場所。いにしえの時代の空気が今なお流れる神聖の地の、現在のシーンをクローズアップする。





HOW TO テクニック解説のパイオニア
ドジ井坂先生のSURFING SCHOOL


TEACHER   ケリーのボードと身体が一体となるサーフィン
LESSON 1   身体とボードを捻らなくなったら少しはケリーに近づいたかな
LESSON 2   ボードの中心にバランスを復元する能力が無いと遠心力ターンは出来ない
LESSON 3   基本の動作が間違っていれば、それを修正しない限り上手くならない





TO TRAVEL is TO LIVE.
THE FINAL CHAPTER
バイキングの血筋をひく羊の国、フェロー諸島の冒険。

NORTH ATLANTIC OCEAN
TRAVELER: DANE GUDASKAS, TYLER WARREN,JUSTIN QUINTAL, SAM HAMMER





地元がいちばん!
HOMETOWN SOCIETY
第27回 湘南・辻堂 【辻堂正面】(神奈川県藤沢市)

辻堂駅から海へと向かう道は「辻堂サーファー通り」と呼ばれ、サーフショップや飲食店が新旧混在しながら賑やかに並ぶ。辻堂は歴史あるサーファーの街だが、サーファー通りに象徴されるように古くから住む人も新たにに住む人も仲良く海のそばの暮らしを楽しんでいる。気取らないサーファーたちが波乗りを中心に生活をし、時には音楽を交えてセッションをする。辻堂を訪れれば、サーフィンの原点に戻れるような気がする。今回はサーフマインドに溢れた辻堂を紹介したい。





PEOPLE WHO SURF
連載第18回 中村 竜 [サーファー/俳優/ブランドディレクター]

世界を旅して波に乗り、感じたことや見てきたことが、心の中で膨らみ続ける。そうして生まれるたしかなイメージ。次世代に渡す大きな力を創造しながら伝えていく。自然にふれあい歓びを広げる、中村竜の海とのつながり。





BOARD SHORTS to SURF 2015
サーファーのための最新ボードショーツコレクション

僕らの夏の正装、ボードショーツ。ハイパフォーマンスに特化したものや、スタイルを貫けるクールアイテムなどそのバリエーションは実に豊か。お気に入りの1枚を手に入れ"Go for it!"。海へパドルアウトしよう。




And More!



NEXT ISSUE
次号予告


果たしてどちらがいいのか?
1日2ラウンドと3ラウンド、その違い。

日が長くなり、1日に何ラウンドもできるいまの時期。上達度や満足度などいろんな角度から、調査&考察します。

次世代で活躍すること間違いなし!
LOOKIES. いま注目のグロム&キッズたち。

ゴールデンエイジを脅かすネクストジェネレーション。新時代のスキルが武器の男女ニューフェイスをクローズアップ。

PDFで見れます→こちら









  サーフィンライフ オンライン  

マリン企画 お問い合わせ著作権・免責事項プライバシーポリシーサイトマップ copyright (c) Marine Planning Co., Ltd. All Rights Reserved.