サーフィン専門誌“雑誌 サーフィンライフ”が配信するオンライン サーフマガジン
Home サーフィンライフ 最新号 最新ニュース サーフブランド カタログ サーフショップ ガイド
  Home >> サーフィンライフ  





 



SURFIN'LIFE
1月号

2015年12月10日発売
定価 1,222円+税


 

DVD BONUS!

『ソウジャーン』
ラスタをはじめ、デーン・ガダスカスやガーラックたちの旅。
インドネシアのナイスな波でのロングライドはイメトレにも最適!
CONTENTS

PDFで見れます→こちら






How To Improve
BOTTOM TURN.
ボトムターンに磨きをかける。


サーフィンのマニューバーには、どんな動きであっても、基本のさらに先の次元がある。たとえば最近話題になったジョンジョン・フローレンスの、ボードに乗ったまま潜水しプールを泳ぎ切るトレーニングは、次元の違うドルフィンスルーを示す好例といえよう。ボトムターンも同じだ。基本の先に、ネクストレベルの世界がある。





Turn and Burn
『Surfing The Manual: Advanced』に記した7つの要素。


カリフォルニアサーフミュージアムの代表を務めるジム・ケンプトン。彼が上梓したサーフィンのバイブルともいうべきマニュアル書に記したボトムターンのポイントとは。





Lessons
ありがちなNGを部位別にブラッシュアップ

横には滑って走れても、どうにもうまくボトムターンができない。基本中の基本と言われながらもこれほど奥深いテクニックはない。自分ひとりじゃ気が付けない、ありがちな間違いを改善するちょっとしたコツ。トッププロサーファーの4人がレクチャーをしよう。







Most Advanced
小野嘉夫が、ケリーとジョンジョンのハイパフォーマンスな動きを検証。

ケリー・スレーターとジョンジョン・フローレンス。コンペティションシーンのトップに君臨するふたりの、時代の転換期を感じさせる新旧ふたつの全く異なるスタイルとは





Theory
マイ・ボトムターン・アプローチ
辻 裕次郎/大野修聖/中浦JET章


セオリーの先にあるもの、それは個性。サーファーの数だけスタイルがある。そこで、スタイルの異なる3人のスペシャリストに、それぞれのボトムターンに語ってもらおう。






PEOPLE WHO SURF
連載第12回 瀬筒雄太 [プロサーファー]


海で遊んでいた少年は、いつしか世界へ旅立った。そこで出会ったものたちの、ひとつひとつが持つ気持ち。少しずつ開く未来へ漕ぎ出す。いつでも心は波に乗る。サーフィンの歴史の真ん中に立つ、瀬筒雄太の歩みの先。






Typhoon Moments
EPISODE 2

North Chiba
波乗り道場が誇る底掘れチューブ
超ハイレベルな志田下セッション。

台風シーズン後半に本領発揮した釣ヶ崎海岸(通称:志田下)。波乗り道場として知られる志田下には、底掘れするパワフルな波が出現。トッププロたちによるチューブセッションが繰り広げられた。田中樹プロはその日のことを一年に一回あるかないかのスペシャルな波だったと振り返る。






SHONAN
クラシックリーフからチャレンジングな波まで
様々な表情を見せた湘南の台風シーズン。

相模湾には、実にバラエティに富んだ波が存在する。アドレナリンが止まらないソリッドなピーク、勢いのあるトップサーファーたちがハイエンドアクションで魅了するビーチセッション。今シーズンの台風セッションの記憶を、佐藤和也プロに語ってもらった。





SEISHO
狙い続け、最後に残した軌跡
西湘、ビーチブレイクのポテンシャル。

相模湾のちょうど真ん中に位置する西湘のビーチに届くグランドスウェル、そのポテンシャルは計り知れない。パワフルな波、そしてその波へチャージするサーファーたちを被写体に、地元の西湘で写真を撮り続けたフォトグラファーが今年の台風シーズンを振り返る。





MIYAZAKI
日向から延岡へモバイル
関係者の尽力で生まれた奇跡の宮崎劇場。

史上最大クラスと唱われた19号。そんな巨大台風が日本へ上陸すると報道される中、諸関係者の努力が実り、半ば奇跡的なイベントとなった今大会。絶好の舞台が用意された選手たち、そして思いがけず"エピック"な舞台に居合わせた観客たち。この秋に起きたひとつのエピソードを紹介しよう。





地元がいちばん! HOMETOWN SOCIETY
第21回 湯河原 [吉浜](神奈川県)

湘南から西湘、伊豆方面に車を走らせて真鶴道路を進むと山と海が織りなす美しい景色とともにサーファーが目に入ってくる。東うねりが入るとここを目指して来る人も多いが、東から西に向かってサーフトリップに来てまずチェックしたいのが吉浜だろう。ここで波があれば駐車場に車を停めてウェットに着替えてすぐ海へ。サーフィン後に湯河原温泉に入って帰れば充実した旅になる。今回は人気の湯河原のローカル情報をお届けする。




And More!

NEXT ISSUE
次号予告


「へぇ」や「なるほど」のオンパレード!
いまさら聞けない 「サーフィンQ&A」

知っているようでいて、実は知らないことが多すぎるサーフィン。
基本のキから深?い事柄までを、その道のプロたちがお答えします。

世界に誇るワールドクラスのクリーンな波
2014年 台風物語 - 最終編。

2号にわたってお届けした台風ドキュメンタリーの完結編。
今年いちばんの波となった台風20号のリバーマウス、必見です!

PDFで見れます→こちら









  サーフィンライフ オンライン  

マリン企画 お問い合わせ著作権・免責事項プライバシーポリシーサイトマップ copyright (c) Marine Planning Co., Ltd. All Rights Reserved.