サーフィン専門誌“雑誌 サーフィンライフ”が配信するオンライン サーフマガジン
Home サーフィンライフ 最新号 最新ニュース サーフブランド カタログ サーフショップ ガイド
  Home >> サーフィンライフ  








SURFIN'LIFE
5月号

2015年4月10日発売
定価 1,222円+税


 

DVD BONUS!
『パルメラ・エクスプレス』
洗練されたサーファーたちが聖地、ハワイ・ノースショアへ。
センスのいい作風により、ハードコアの地も身近感たっぷり!


動画

DVD BONUS!
『パルメラ・エクスプレス』

洗練されたサーファーたちが聖地、ハワイ・ノースショアへ。
センスのいい作風により、ハードコアの地も身近感たっぷり!

 

CONTENTS

PDFで見れます→こちら






TO TRAVEL is TO LIVE.
旅は、ライフバランスを 整えてくれる。


サーファーとは厄介なもので、海に入らずにいると塩切れになっていき、毎日のバランスが壊れてしまう。
旅もまた同じで、しばらくのあいだ日常から抜け出せないでいると、生き方のバランスがおかしくなってしまう。
知らない波や人々、文化との出会いや発見、それは、サーファーの生命活動に欠かせない成長の糧。
さあ、充電をしに出かけよう。






インドネシア奥地で知見した旅の本質。
DESTINATION: PACITAN - EAST JAVA - INDONESIA
TRAVELER: RYU NAKAMURA, YUTA SEZUTSU


インドネシアには未だ知られざるポイントが無数にある。だが、奥に行けば行くほど、便利さとはかけ離れた旅を余儀なくされる。
世界中の情報がすぐ手に入り、移動も楽になった今、いくつもトランジットすることで生まれたインドネシア奥地の、忘れられない波と旅。







プーケット・サマーストーリー
終わらない夏を夢見て。
DESTINATION: THAILAND - PHUKET
TRAVELER: ALYSSA WOOTEN, MINATO TAKAHASHI, SUMIKO FUKUSHIMA

島全体に広がる豊かな自然と南国の穏やかな空気。海岸沿いに点在する多くのサーフポイントにはメローな波がブレイクし、
旅人をも優しく包みこんでくれる。アジア有数のビーチリゾートとして知られるプーケットには、まだ知らない風景がたくさん残っていた。





It's NOT Layday.
毎日がサマー・ファンセッション

まさかの連日Layday、そして異例の2日延長という結末を迎えたクイックシルバー・プロ・ゴールドコースト。
確かに会場のスナッパーには最後までワールドクラスの波は立たなかったものの、それでもお隣のDバーをはじめ、
ムネカタアタマのファンウェイブはコンティニュー。フリーサーフは毎日"It's ON!"





WINTER RICH
冬の茨城・極寒に耐えてまでも 乗りたいビーチパーフェクション。


吹き付ける冬風、冷たい海水、ウィンターシーズンの茨城は過酷なサーフシチュエーションだ。
しかし、そこにはエキスパートを唸らせる高級なビーチブレイクが割れている。
ベストタイドを待って夜明け前から火を炊き、暖をとりながら波を狙うサーファーたちのストーリー。




HOW TO テクニック解説のパイオニア
ドジ井坂先生のSURFING SCHOOL


TEACHER   リップに当てるボードアクションのニュアンスは正しいのか
LESSON 1   小波でも波の力でボードが滑り抜けているという感覚がわかる
LESSON 2    腰の柔らかい動作感覚だけでボードをターンできる。そして身体はサスペンション
LESSON 3   体重移動でボードが傾いたらターンが始まり、次に重心を低くする。それがターンの基本





TO TRAVEL is TO LIVE.
忘れ得ぬ旅にすると決めて 臨んだコロへのメンタワイ。
DESTINATION: MENTAWAI - WEST SUMATRA - INDONESIA
TRAVELER: TAJ BURROW, KOLOHE and DINO ANDINO, TAJ BURROW, LUKE DAVIS, IAN CRANE, TANNER ROZUNKO

旅を共有するクルーや行き先の特性次第で、サーフトリップはいかようにも演出することができる。
コロへ・アンディーノはまず、忘れられない旅をすることにゴールを定めた。
そしてクルーを本当に仲の良い親友とヒーローのタジ・バロウに選定、場所はメンタワイに決めた。
そのシナリオは予想を超える、素晴らしい形になった。





海外の精鋭を高揚させた火山島。
DESTINATION: BIG ISLAND - JAPAN
TRAVELER: CLAY MARZO, RY CRAIKE, KAITO OHASHI, TOMOFUMI YOSHIOKA, DAIGO KADOI

コンテストではなく、そのスタイルで人々を魅了しながら世界中の波を乗りこなす、クレイ・マルゾとライ・クレイク。
そんな彼らが選んだ行き先は、日本。サーファーならではのコネクションを生かして辿り着いたとある島。
グローバルに動き、プロフェッショナルであり続けるために必要な、旅が教えてくれるサーフィンの本質。





PEOPLE WHO SURF
連載第16回 中村昭太 [プロサーファー]

あるイメージを探りながら、自らの手で作り出す。心の声に耳を傾け、確かな予感を追いかける。
大きく広く見渡して、今ここで辿り着いた場所。ただそこには海があるだけ。中村昭太の未来への波。






地元がいちばん!
HOMETOWN SOCIETY
第25回 鎌倉・七里ヶ浜 【七里ヶ浜正面】(神奈川県)

サーファーではなくてもその美しい海岸に魅せられ、訪れる人が多い鎌倉の七里ヶ浜。国道134号線を車で走れば、
思い思いに海でのひとときを楽しむ人が見える。そして海の中には、海との対話を楽しむかのように波と遊ぶサーファーがいる。
その光景を目にした人までも癒されるような、素敵な時間が流れる場所。昔も今も変わらないサーフマインドがここにはある。
先輩から後輩へ伝統が受け継がれている七里ヶ浜のローカルをご紹介したい。



And More!



NEXT ISSUE
次号予告


ハイパフォーマンス派もオルタナティブ派も。
サーフィンがもっと上手くなりたい!

上手くなればなるほど、面白くなっていくのがサーフィン。ボード趣向や世代別などの切り口で、上達のコツを指南します。

ライフバランスを整えてくれる旅特集・続編。
TO TRAVEL is TO LIVE vol.2

サーファーに生命活動に欠かせない旅というエッセンス。第2弾はフェロー諸島やポンペイなど特異な場所への紀行記事。

PDFで見れます→こちら









  サーフィンライフ オンライン  

マリン企画 お問い合わせ著作権・免責事項プライバシーポリシーサイトマップ copyright (c) Marine Planning Co., Ltd. All Rights Reserved.