サーフィン専門誌“雑誌 サーフィンライフ”が配信するオンライン サーフマガジン
Home サーフィンライフ 最新号 最新ニュース サーフブランド カタログ サーフショップ ガイド
  Home >> サーフィンライフ  








SURFIN'LIFE
4月号

2015年3月10日発売
定価 1,222円+税


 


動画

DVD BONUS!
『プライム・ゼロ』

ウェイド・グッドオールやライ・クレイクたちのファンサーフィン。
お手頃サイズの波はどう乗ればいいのか。その答えがここに!


 

CONTENTS

PDFで見れます→こちら






SURFBOARD EVOLUTION 2015
いま知っておくべきサーフボードのこと。


未だ見ぬ最良の1本と出会いたいと思うのはサーファーの性。しかし、そのバリエーションは多種多様。自分にとってベストは何なのか迷っているサーファーも多い。そこで、サーフィンをもっと面白くする最新ボードデザインの傾向について探ってみた。あなたはどんなサーフボードがお好みですか?





TREND WATCH
サーフボードスナップ インフルエンサー50人、今年の相棒。


いまやそのバリエーションは百花繚乱の様相を呈しているサーフボードたち。人柄、土地柄が個性豊かに表れている様々なデザインは、見ているだけでも面白い。あんな波こんな波を、好きなボードで好きなように乗る。そんなみんなのクイーバーを一挙公開!






CUTTING EDGE
マット"メイヘム"バイオロス・インタビュー

多くのCTサーファーをティームに率いるマット・バイオロス。最先端のボードを開発する一方で、エンジョイサーファーへのクラフトワークに明るいことでも知られている。広い範囲のサーファーの要望を知る彼に、現在のサーフボードシーンについて語ってもらった。





MODERN CREATION
フロントライナーのデザインにみる新基準。

今のサーフシーンを引率するキーパーソンたちのサーフボードデザイン。そこには乗り手と作り手がシンクロして生まれた独自のスパイスが加えられている。その真相を探るべく、彼らのシェイパーたちに話を聞いてみた。

ガブリエル・メディナ
ジョンジョン・フローレンス
タイラー・ウォーレン





FINSYSTEMS CHRONICLE
フィンシステムの足跡と最新型。


最新のマテリアルとテクノロジーを駆使して、飛躍的に進化を遂げている現代のフィンシステム。では、実際どのような進化を遂げてきたのか!? フィンカンパニー大手2社である"futures"と"FCS"のプロダクツの歴史について探ってみた。






ZERO TO ONE
千葉公平が語る サーフボード・クリエイティブ

コンペティターとしての経験をベースに、豊かな感性でサーフボード作りに向き合ってきた千葉公平氏。"チャンピオンのマシン"から"週末のトイ"まで幅広いシェイプを手掛けるレジェンドのサーフボード作りとは。





HOW TO テクニック解説のパイオニア
ドジ井坂先生のSURFING SCHOOL

TEACHER   上半身を振り回さなくても腰の微細な動作でターンは出来る
LESSON 1   このシークエンスの動きを外見から真似ても上手くいかない
LESSON 2    腰を進行方向の左右に体重移動すればボードをターンできる。そして中心に戻る
LESSON 3   完璧ではないけれど、腰を左右に体重移動するトレーニングを続ける





HAWAII 2014-2015 episode2
THE NEXT CHAPTER.
ハワイで躍動する、日本のサーフィン力。

世界でもっとも華やかな舞台として知られるパイプラインをはじめ、バリエーション豊かな波がひしめくノースショア。危険を伴いながらも光放つ波に魅せられた者は、自分と向き合い、行くか否かの葛藤を克服し、決断をして沖へと向かう。そんな特別な地に、この冬も日本からのサーファーの姿があった。自らの想いを馳せるために。





PEOPLE WHO SURF
連載第15回 渡辺広樹 [プロサーファー]

生まれた頃から、当たり前にあった海との暮らし。波に乗り、歩んでいけば、自然と繋がる人と人。土地の力を受け継いで、変わらずいつもそこにいる。プロサーファー、渡辺広樹がつくる道。






地元がいちばん!
HOMETOWN SOCIETY
第24回 静波 (静岡県)

世界遺産の富士山を有し、日本屈指のお茶の生産地である静岡県。豊かな自然が町の人のおっとりとした優しい気性を育むのか、静岡に来ると旅人の心を休めさせてくれるような時間が流れている。ポテンシャルが高く懐が深いが故に他を優しく迎え入れることができるのだろう。牧之原市にある静波海岸もそうだ。普段は静かな波であってもひとたびスウェルが入ればその力強いブレイクが姿を現す。静かにゆったりと本物の力を見せてくれる静波の魅力をご紹介したい。



And More!



NEXT ISSUE
次号予告


次なるトリップに向けてのケーススタディ。
TRAVEL SPECIAL

サーファーにとって欠くことのできないもの、それは旅。
国内外の特別な紀行記事をド・ド・ド・ドンとお届けします。

冬には冬の良さがある。
冬の茨城・極寒セッション

南岸低気圧など、冬にも波が上がる要素がある。極寒だけど…
厳しい状況下で極上の波をスコアした男たちのドラマに迫る。

PDFで見れます→こちら









  サーフィンライフ オンライン  

マリン企画 お問い合わせ著作権・免責事項プライバシーポリシーサイトマップ copyright (c) Marine Planning Co., Ltd. All Rights Reserved.