HOW TO

Glossary of Surfing Terms
サーフィン用語集

知ってるようで、実は知らない。知らなきゃ、きっと笑われる。そんな基本中の”基”のサーフィン用語集です。

ビギナーは勉強、エキスパートは復習にご活用を!


基礎知識編

アウターリーフ

環礁帯にある島などにみられる、沖にあるリーフブレイクのこと。ハードな波が立つ世界で有数のポイントも多い。

アウトサイド

波のブレイク場所が海の岸側(インサイド)に対して、沖側を指す言葉。

厚い波

波の斜面の勾配が緩やかで、比較的ゆっくりとブレイクしていく波質を指す言葉。反意語としては「ホレた波」。

インサイド

海の沖側(アウトサイド)に対して、岸側を指す言葉。

インパクト

波のブレイクで最もパワーのある場所。インパクトゾーンともいう。

ウィンディー

風が強くてサーフィンしづらいコンディション。

ウォーターショット

ハウシング(防水ケース)にカメラをセットして撮影する水中写真。

ウォール

波が切り立って壁のような状態になっていること。

うねり

風や気圧の差によって生じる海面の波動。このうねりが岸沿いの浅瀬に届き、ブレイクすることによってサーフィンが可能となる。一般的にはブレイク以前の海面の波動を指し、押し寄せる方角によって「北うねり」「南うねり」などと呼ばれる。

オフショア

岸側から沖に向かって吹く風の向きのこと。風によって波面が整えられるため、良い意味で使われる場合が多いが、強く吹きすぎてもボードの滑走を妨げるので良くない。反意語は「オンショア」。

オンショア

沖側から岸に向かって吹く風のこと。風によって波面が乱れるため、悪いコンディションに使われる場合が多いが、波面のあちこちにコブができるため、当て込む練習に好都合な場合も。反対は「オフショア」

風波

オンショアが強く吹いた時などに岸近くの風によって立つ波。うねりがまとまらず、波の面がよくないことが多い。

カレント

海面に生じる流れのこと。カレントを利用すれば効率的に沖に出られるが、特にTバー付近などは沖に向かって強烈なカレントができることが多いので注意が必要。

カール

波のリップが崩れかかり、円筒状になった部分のこと。このロールの上を抜けていくトリックがフローター。

グラッシー

波面がツルツルで鏡のような状態のこと。反意語としては「チョッピー」。

グランドスウェル

台風や比較的大きな低気圧からもたらされる、強くて広範囲におよぶうねり。

クリス・クロス

ライディング中のサーファーが交差すること。

グーフィー

サーフボードの上に立った時、右足が前足にくるスタンス。グーフィーフッターともいう。また岸側から見て、左から右へとブレイクする波のこと。

グリーン・ルーム

チューブの中の空間のこと。神聖な場所という意味も含まれる。

クローズアウト

波が大きすぎたり、風が強すぎて、サーフィンできないような海上の状態。クローズと短縮して使うことが多い。

サイドショア

岸と平行に向かって吹く風のこと。

サウスショア

南を向いた海岸線のことを指す。反意語としては「ノースショア」。

サックアウト

チューブになるような波に巻き込まれてしまうこと。

サンドバー

海底に積もった砂の堆積のこと。特にビーチブレイクの場合、この砂の堆積がきっかけとなって波がブレイクする。

ショアブレイク

通常の沖合でブレイクする波に対し、極めて岸に近い場所でブレイクする波のこと。急激に浅くなるため、サーフィンには不適切。

シャロー

浅瀬、または水深が浅いこと。

ジャンク

波の面が荒れている状態のこと。

ショルダー

ブレイクしていない波の肩の部分を指す。ショルダーが長く張りながらも、順々にブレイクしていく波がサーフィンには適している。

シークエンス

ライディングの連続写真のこと。

シークレットポイント

あまり知られていないサーフポイント。ローカルオンリーの場所もあるので注意が必要。

スウェル

うねりのこと。台風や大きな低気圧がもたらすおおきなうねりを「グランドスウェル」という。

スピッツ

チューブの出口から吹き出す水煙。

スプレー

波に乗った勢いや、当て込んだときに出る水しぶきのこと。

スロープ

波の斜面、傾斜部分。

スープ

すでにブレイクした後の、波の泡の部分を指す。英語では「ホワイトウォーター」 。

セクション

波の一部分、一過程を指す言葉。「ホレているセクション」「マッシーなセクション」などの使い方が例。

セット

何本かまとまったセットとなって入ってくる波のこと。セットの波は、本数や間隔、大きさなど、規則性のある場合が多い。

タイド

太陽や月の引力の影響によって、海面の水位が変化する自然現象。潮の満ち引きは海底の深さに直接影響するうえ、特に干満差の大きい「大潮」まわりの日にはうねりが沖から運ばれやすいなど、タイドが波のコンディションに与える影響は大きい。

ダブルアップ

うねりが重なり合って、急激に掘れ上がるブレイクのこと。

ダンパー

ブレイクのピークが広範囲におよび、一気に崩れてしまう波質のこと。滑っていく斜面が瞬時に崩れてしまうため、サーフィンをするには適さない。

チャンネル

岸から沖に向って流れる潮の流れる場所。カレントの発生しやすい地形。またサーフボードのボトムに深く削られ溝のこともいう。

チューブ

力のあるうねりが急激に浅くなった海底にヒットした場合などに起こりうる、筒状にリップが巻く波の状態。このかぶさってきたリップの中を滑ることを「チューブライディング」という。

チョッピー

オンショアの風によって、海面が乱れている状態。サーフィンするには適さない場合が多い。

トップ

海面の上部の名称。ちなみに下部は「ボトム」。

トラック

ライデイングの際にサーフボードが通過したことによりできた水の軌跡。“トラックが太い”などという使い方をする。

ドン深

水深が深いこと。

な・は

ナチュラルフッター

ライディングの際に左足が前足になるスタンス。海外では良く使われる。レギュラーフッターと同意語

ハイタイド

満潮のこと。反意語としては「ロータイド、干潮」。 バックウォッシュ沖に戻る潮の流れが岸に向う波と衝突してできるしぶき。

バックウォッシュ

沖に戻る潮の流れが岸に向う波と衝突してできるしぶき。

バックサイド

波のフェイスに対し、背面を波側に向けた状態でライディングすること。バックハンドも同意語。反意はフロントサイド

バレル

筒状に波が巻く状態。チューブのこと

パワーゾーン

乗っていく波のフェイスの中で、もっとも強くボードに推進力を与えてくれる部分。

ハングアップ

大波でクローズアウトしたり、どうにもならない状態。

バンピー

オンショア等により波の面が、滑らかでなくガタついている状態。

ピーク

波が最初に割れ始めるポイント。

ビーチブレイク

海底が砂地によって形成されている場所でブレイクする波のこと。

フェイス

まだブレイクしていない波全体の呼称。

フック

海面の中で、もっとも強力にボードを押してくれる部分。パワーゾーンのこと。

フラット

全く波がなくて、海面が穏やかな状態。ノーサーフコンディション。

フロントサイド

体の正面を波側に向けた状態でライディングすること。

ポイントブレイク

ブレイクポイントがあちこちに移動せず、一定の決まった範囲で規則的に割れる波のこと。岩棚やサンゴ礁など、海底が不動の構造になっている場合が多い。

ボトム

波の盛り上がりの裾野に近い平らな部分。サーフボードが水面と接する部分。

ホレた波

リップが被いかぶさり、巻いてくるような波質のこと。当然、滑っていく波面は急斜面となる。同意語としては「ホローな波」、反意語としては「厚い波」。

ホワイト・ウォーター

=スープ

ま・や

マッシー

斜面がなだらかで、スピードが出にくい波。同意語としては「厚い波」。

マニューバー

ライディングの一連の動きのこと。個々の動きをワンマニューバーともいう。

メロー

ゆっくりとやってくるスピードの無い波のこと。

面ツル

適度のオフショアや無風状態などで波の面が鏡のように、ツルツルしている最高の状態。グラッシー。

ら・わ

ラインナップ

ブレイクポイント周辺の、波待ちをする場所。また、何本ものうねりが筋張って入ってくる様子もこう呼ぶ。

ライトブレイク

英語でいうライト/レフトブレイクとは、波を沖側から岸側に見た場合の呼称。つまり岸側から見れば、ライトブレイクは右から左に崩れていく波のこと。(=レギュラー)

リーフブレイク

海底が岩盤やサンゴ礁で形成された棚の上でブレイクする波のこと。海底の地形が不動のため、規則的なポイントブレイクを生みやすい。

リップ

波のフェイスの中でもっとも上部に位置し、今にも崩れそうな波の先端。

リップカレント

打ち寄せた波が岸から沖へと向かう海水の流れのこと。

リバーマウス

河口のこと。大雨が降った後などにはに砂がある一定の場所に溜まりサンドバーなどを形成し、うねりがヒットすると素晴らしいチューブを生むことがある。

レギュラー

左足が前方にくるスタンスのこと。右足が前にくる「グーフィースタンス」とは真逆になる。岸側から見て、右から左へとブレイクする波のこと。

レフトブレイク

沖から岸に見て、右から左にブレイクしていく波のこと。「グーフィーの波」と呼ぶ場合もある。

ワイプアウト

ライディング中に、バランスを崩してボードから転げ落ちる状態を総称していう。

テクニック編

アイランドプルアウト

ライディング中にノーズから波に突っ込みプルアウトすること。

アップス&ダウン

波のトップとボトムをヒザの伸縮をシンクロさせなが連続のターンをし、加速させるテクニック。

エアー

波を飛び出て、その名の通り空中での技の総称。(=エアリアル、エアボーン)

オフザトップ

波のトップ(頂点近く)でシャープなターンを繰り返す技。

オフザリップ

波のリップに対してボードの腹部分を当て込むトリック。リップの崩れかかった所に当て込む「ローラーコースター」に対し、未だ崩れていないリップに当て込み、自らの力によってボードを返す意味で区別して使われる場合が多い。

カットバック

波のフェイスが緩慢になってきたところでUターンをして、パワーゾーンに戻るテクニック。

ゲッティングアウト

岸から沖に向かって、ブレイクしている波をパドルでかいくぐって沖合いに出る過程。

刺し乗り

テールを沈め、ボードの浮力を利用しながらノーパドルでテイクオフするテクニック。

ステップバック

リッピングなどのトリックに入る際、後ろ足をテール寄りにずらすモーションのこと。

スナッピング

カットバックとリッピングの中間のような動きが特徴のリップアクション。

スラッシュ

主にサーフボードのテール部を使って、波のリップをえぐるトリックの名称。

スリーシックスティ

エアーアクションやリップアクション等でボードを横方向に360度回転させるテクニック。

ダックダイブ

ドルフィンスルーと同意語。ボードと体を波より下に沈め、ゲッティングアウトすること。

テイクオフ

ボードの上に立ち上がり波に乗ること。

テールスライド

テールを蹴り込み、フィンを抜いて一気にテールを横滑りさせるテクニック。

トップターン

波のトップ部分で次の動きのためにターンをすること。主にトップからボトムに降りて行く動き。

トリミング

波のブレイクに合わせた細かいレールワークやヒザの使い方によって、セクションをクリアしていくこと。

ドルフィンスルー

(=ダックダイブ)ゲッティングアウト時にボードと体を沈め、波の裏側へと抜けるテクニック。

パドリング

ボードの上に腹這いになり、移動やテイクオフのために水を両手で漕ぐこと。サーフィンの基本中の基本の動作。

パーリング

テイクオフ時にサーフボードの先端が水面に刺さって転んでしまうこと。突発的に起こるパーリングは危険がともなうので注意が必要。

パンピング

波の厚くなるセクションにおいて、ヒザの伸縮を使った荷重の加減によってボードに再加速をうながすテクニック。

フェイドターン

一度波のパワーゾーンに向けて、戻るターンのこと。走りすぎた場合や、波の厚さが増したセクションで行うことが多い。

プルアウト

波に乗り上げることによって、自らの意思でライディングを切り上げる動作。

フローター

崩れてしまったスープの上を抜けていくテクニック。つなぎワザとしての意味もある。早いブレイクの時に使う中級以上のテクニック

ボトムターン

ボードを波のトップへと運ぶ過程で、波の最下部において行うターン。マスターすべき基本テクニック。

ラウンドハウスカットバック

波のトップとボトムをフルに使用し、大きな八の字を描く感覚でダイナミックに波のパワーゾーンへと戻るテクニック。普通のカットバックと差別化するため、より動きが大きい場合に使われたりする。

リーニングターン

体全体を少しずつレールに傾けて行うターン。

リエントリー

再び波のフェイスの内側に入り直す動作のこと。カットバックでスープに当て込んでからボードを返す動作。また、最近ではトップアクションの総称としても使用される。

リカバリー

バランスが崩れた体勢から立て直すこと。

リッピング

波のリップに、ボードのボトム面から当て込むテクニック。オフザリップやローラーコースターの総称としてとらえられる場合もある。

レイト・テイクオフ

波の崩れ際からのテイクオフ。通常より遅く、際どいタイミングでのテイクオフ。早い波やチューブライディングを狙った波で使われる。

レイバック

ボードを仰向けに大きく反り返って、背中を波面につけるテクニック。

レールワーク

波の状態に合わせて、レールを水面に食い込ませたり抜いたりしながらボードを進める技術。

ローラーコースター

崩れかかったリップやスープにボードのボトム面から当て込み、波が崩れる力を利用して降りていくテクニック。

ロールイン

崩れていくリップの際に沿ってボードを当て込むテクニック。

サーフボード編

あ・か

アウトライン

サーフボードの外側輪郭の全体のこと。

エッジ

サーフボードの両サイドにあるレールにある角張った部分。場所、角度はサーフボードのタイプによって異なる。

ガン

主に大波用のショートボードのこと。そのアウトラインから名前がついた。

コンケイブ

ボードのボトムに溝をつけ、水の流れをスムーズにするためのデザイン。主にシングル、ダブル、Vなどの種類がある。

サイドフィン

3本あるフィンのうち、ノーズ寄りの2本を指す。

シェイプ

ボードを削ること。また、そのボードの形、デザインのこと。

シェイパー

サーフボードのコンセプト、デザインを決定し実際に削っていく職人。

ショートボード

主に7フィート未満の長さのボードの総称。

シングルフィン

フィンが1本しかついていないサーフボード。

スカッシュテール

現在のサーフボードシーンで主流になっているテイルデザイン。やや丸みを帯びた四角に近いデザインで波のパワーを受け易く、安定性がある。

ストリンガー

サーフボード中央のノーズからテールにかけて組み込まれた木材のこと。ボードのねじれを防ぎ、強度を高める働きをしている。

スラスター

80年代にサイモン・アンダーソンにより開発されたとされる、フィンシステム。フィンはボトム側センター部分のテール寄りに1本、及び両方レール側には左右対称の2本、計3本がセッティングされる。現在ショートボードにおいて最も主流のデザイン

スワローテイル

ボードのテール部分がつばめの尾羽のように二つに分かれているデザイン。フィッシュテールと混同されるが、アウトラインが直線的。

センターフィン

3本あるフィンのうち、もっともテール寄りのストリンガー上にセットされたフィンのこと。

た・な

ツインフィン

2つのフィンがレイル寄りに左右対称に1本ずつ付いているボードデザイン。

テール

サーフボードの後ろ部分、フィンがセットしてあるあたりのこと。

テール形状

サーフボードの後ろの末端部分の形状のこと。スカッシュ、フィッシュ、ラウンド、ラウンドピンなどが代表的で、それぞれの形状によってライディング感覚が変わってくる。

デッキ

サーフボードの表面、足で立つ側の面のこと。

トライフィン

=スラスター

ノーズ

サーフボードの先端の反り上がった部分。

ピンテール

先端が尖っているテールデザインでビッグウェイブ時に使用されることが多い。

ファンボード

ショートボードとロングボードの両方の特性を活かしたデザインのボード。ランドノーズで幅があり、長めのボード。パドルが楽でテイクオフが速く、安定しているのでビギナーにはオススメのデザイン。

フィッシュタイプボード

小波でのパフォーマンスを考えて設計されたボードのタイプ。小さい波から、少しでもパワーを得る工夫が随所に施されている。

フィン

サーフボードのボトム側に付いている、方向を替えるための舵の役目をする部分。その大きさや形などのデザインによってサーフボードの性能に与える影響が大きい。おもにシングル、ツイン、トライなどがある。

フォーム

サーフボードの素材の総称でその特性により様々な種類がある。

ボトム

サーフボードの裏側のフィンが付いている、接水する部分。

ラウンドノーズ

サーフボードのノーズ部分のデザインでやや丸みを帯びている。小波用のボードによく用いられる。

レール

サーフボードの両サイドの縁のこと。この部分が水面に食い込むことでボードがターンする。

ロッカー

サーフボードの反り。一般的にホレた波では反りが強いボードがマッチし、厚い波では反りを抑えたボードが適応していると言われている。

ロングボード

9フィート(275cm)以上のサーフボード。ただし、ショートの形状をした大波用のガンとは異なる。

ルール&マナー

インターフェア

波に乗る人の進路を邪魔すること。コンテストにおいての反則。

スタンディングファースト

その場所の関わらず、最初にテイクオフした方に優先権があるというコンテストで適用されるルールの一つ。これに対してピーク側を優先するというルールもある。

スネーキング

ライディングの邪魔となる行為やパドルで蛇行すること。

ドロップイン

すでに他のサーファーが波に乗っているのに、その前から乗ってしまうこと。(=前乗り)

前乗り

波のピークからテイクオフしたサーファーに対し、そのラインを塞ぐかたちでショルダーから割り込んで乗る違反行為。ドロップインとも言う。

ローカルサーファー

サーフポイントのある地元に住んでいるサーファーの総称。